fc2ブログ

ひとつひとつ

 
25
 



雨の鎌倉・・・

私は稲村ガ崎に向かっていた

夕陽に出逢いたいと思いながら

ただ 逢えるだけでもいいと・・・

心は 稲村ガ崎に馳せていた


海と空を 覆うように広がる暗雲


近づくにつれて 江ノ電の車窓には 

かすかに 落陽の空が・・


雨も上がり

泥む心の雲も 消えていく


今までも そうだったように

私の海は

悪天の中でも 必ず笑顔を見せてくれた


稲村ガ崎の海が目に映るところまで来ると

海を被うように 立ち込める暗雲を割って

陽光が 空をオレンジ色に染めていた


まるで 再会を喜んでくれているかのように・・


それは 束の間だったけれど
 
私の心には いつにもまして素的に映った


Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 ひとつひとつ

海 - umi -

■カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ブロとも申請フォーム

■リンク

■最近の記事

■月別アーカイブ

■感想等お待ちしています

名前:

メール:

件名:

本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のコメント

■カテゴリー

QRコード

QR

■RSSフィード

■ブログ内検索

FX